デビューしてから成績不振に喘ぐ木佐貫めぐみは、ステップアップツアーからの復活にかける

木佐貫めぐみは滋賀県出身の女子プロゴルファーで、所属はフリーの選手です。
1976年生まれで身長は162センチメートル、血液型はA型です。
滋賀女子高等学校を卒業して、日本女子プロゴルフ協会に入会したのは2007年のことです。
スポーツとしては、他にソフトボールをやっていました。

ソフトボール経験者の女子選手はドライバーを得意とすることが多いのですが、彼女もその例に漏れず得意クラブをドライバーにしており、豪快なショットが魅力です。

ゴルフ自体を始めたのは22歳の頃からと、近年の選手と比較すると非常に遅く始めているのですが、それでもプロになったということでその才能が窺えます。

ただしそれが生涯成績には繋がっておらず、賞金がなかなか獲得できていません。
2008年に637,000円を獲得していますが、このときを最後に入賞していません。

またトーナメントごとの成績でもその年に、プロミスレディスゴルフトーナメントで44位タイ、日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯での61位タイが、最高の成績になっています。

現在はステップアップツアーに出場してツアーへの参加をしようとしていますが、それも上手くいっていないのが現状です。
ただしステップアップツアーの中で、カストロールレディースや山陽新聞レディースカップでは、賞金を獲得することは出来ています。

ただしツアーへの参加権利を得られるような、トップに入る成績を残すことは出来ていません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ