小川美智惠は日本の女子ゴルフ界を築いた伝説的選手

小川美智惠は日本の女子プロゴルファーで、日本女子プロゴルフ協会の1期生でもあります。
1941年生まれで、ゴルフは19歳から始めました。
日本女子プロゴルフ協会に入会したのは1967年のことで、現在はただの会員ではなく特別会員としています。
スポンサー契約を結んでいて、すべてのゴルフアイテムはブリヂストンで統一されています。

また、日本女子プロゴルフ協会を退会したのは2011年12月31日のことで、その翌日の新しい年、2012年1月1日に特別会員として迎えられることになりました。

現役時代の成績ですがコンスタントに賞金を取っていって、最高位はデビューした年で4位をとっています。
ただし、それ以降は右肩下がりで成績がよくありません。

そして特筆すべきは、日本プロゴルフ女子部創立記念競技で優勝を遂げたことです。
これにより、彼女の地位は確固たるものになっています。

また、他のトーナメントでも3位や4位などの成績を取っているので、当時のトッププロということが言えます。
ただ残念ながら、年を経るに至って三桁のランキングに陥ってしまった事もあり、初期の勢いはなくなっていきました。

サンドウェッジやピッチングウェッジなどを得意としていて、刻んでいく先約的ゴルフを得意としています。
また、1984年には日本プロスポーツ功労賞も受賞していて、女性のスポーツ進出へ大きな影響を与えたことは間違いありません。

現在はオーエムグリーンの所属となっています。
また、レッスンなどを行っていないのは残念なところです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ