ハイビスカスゴルフクラブはトーナメントが多く開催された

宮崎県宮崎市で1989年より営業を行っているゴルフ場がハイビスカスゴルフクラブです。
過去には第一不動産カップ、JLPGA明治乳業カップ、そして女子の国内メジャー大会であるLPGAツアーチャンピオンシップが開催されており、トーナメントの開催実績も豊富にあります。

海の近くに作られており、東には日向灘を、西には霧島連山の雄大な山々を望むことが出来るので、景観面での見所が多いゴルフ場です。

ゴルフ場が出来る前は、日本初のサファリパークとして知られていた宮崎サファリパークがあり、平地で恵まれた土地を最大限に利用しています。
デイゴの木が多く植えられているので、南国風の雰囲気が作られており、デイゴの花は敷地内の名物です。

ハイビスカスゴルフクラブの18ホールは宮澤長平氏、黒沢長夫氏が設計を担当しており、グリーンから最も遠いチャンピオンティーからの距離は6920ヤードと距離も十分にあります。

フェアウェイは広く、OBを記録することも少ないのでティーショットから積極的に攻めていくことも可能です。
しかし、フェアウェイには傾斜が残されており、マウンドも作られているので、2打目以降に狙い通りの箇所に運ぶにはテクニックが求められます。

ティーショットが落ちそうな地点からバンカーや池が多く登場するので、1打目でいきなり障害物へ打ち込むことも珍しくありません。

バンカー、池は各ホール後半にも多く見られるので、障害物を避けることが重要となっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ