さくらコースとさつきコースがあるルーデンスカントリークラブ

ルーデンスカントリークラブは、群馬県藤岡市で1973年より営業を行っているゴルフ場です。
利用条件として会員の紹介か同伴が必要ですが、ゴルフ場予約サイトを通せばビジターのみでも問題なく利用することができます。
敷地内に2コース、計36ホールを所有しているのが特徴であり、2コースは佐藤昌氏が設計を担当しました。

さくらコースはバックティーからの距離は6105ヤードとさほど長くはなく、18番ホールは2013年にメガソーラー発電に使われることが決定しており、既に使われていません。

その為、17番ホール終了後に1番ホールを再びプレーすることで18ホールのプレーに対応しています。

山に展開されているので、敷地内には高低差があるものの、各ホールはフラットに仕上がっており、アップダウンで悩まされることは殆どありません。
池の数は非常に少なく、バンカーもさほど多くはないので、障害物が原因でスコアが崩れることは少なめです。

さつきコースバックティーからの距離が6787ヤードと長く、フェアウェイも広めとなっています。
谷越えスタートはあるものの、殆どのホールの前半で障害物が登場することは少なく、ティーショットでプレッシャーがかかることは少なめでしょう。

アウトコースは概ね真っ直ぐレイアウトされていますが、インコースは大きく角度を変えるドッグレッグもあります。

バンカーの数は平均的であり、池の数も少ないものの、大きな池が少数ながら配置されているので注意が必要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ