愛媛ハイランドゴルフ倶楽部の名前を使っていた高原ゴルフ倶楽部

高原ゴルフ倶楽部は愛媛県上浮穴郡久万高原町で1974年より営業を行っているゴルフ場です。
ゴルフ場の経営を手がけていたスポーツ振興グループが所有しており、元々は愛媛ハイランドゴルフ倶楽部という名前でした。
2002年にスポーツ振興は破綻し、会社更生法の適用を申請するという事態になり、2003年にスポーツ振興グループから独立しています。

スポンサーの支援の下で再建することが決定され、この時に高原ゴルフ倶楽部と名前を改められました。
高原ゴルフ倶楽部の18ホールは藤井義将氏が設計を担当しており、バックティーからの距離は6493ヤードとやや短めです。

なだらかな丘陵地帯に展開されているので高低差は少ないものの、フェアウェイにアンジュレーションと呼ばれている傾斜が残っており、どれだけボールをコントロールできるかがスコアメイクの上で重要となっています。

アウトコースはインコースと比べて300ヤード以上長く、グリーン手前で角度が変わることの多いテクニカルな構成です。

左に90度近く曲がる5番ミドル、ティーグラウンドからフェアウェイまで距離がある14番ミドルホールは打数がかさむことも珍しくありません。

池はコース内にあまり配置されておらずプレーに絡むことはあまりありませんが、バンカーはグリーン周りだけでなくフェアウェイにも多く配置されており、1番ロング、2番ショート、13番ミドル、16番ミドルホールはバンカーに捕まる可能性が高いので、つまずきやすいポイントです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ