北海道のゴルフ場の中で名門と言える北海道ゴルフ倶楽部

北海道ゴルフ倶楽部は1991年に開場された、どちらかと言えば後発のゴルフ場です。
しかし、このクラブは2つの18ホールを持っており、北海道内でも特に成長が著しいゴルフ場となります。
クラブハウスを始めとした施設も充実しており、名門の仲間入りを果たしたと言っても過言ではありません。
所在地は北海道苫小牧市であり、特に車でのアクセス手段が豊富です。

道央自動車道の苫小牧西インターチェンジが特に近く、下りてから約1分の距離にあります。

他にもJR苫小牧駅から約20分、新千歳空港から約30分、温泉で有名な登別から40分、札幌市内からも60分と、北海道内の様々な箇所から近く交通の便も良くなっています。

電車を使う場合、目的地は前述のJR苫小牧駅で、JR札幌方面から向かう場合はおよそ50分、JR千歳空港駅方面から向かう場合はおよそ30分で到着するので、後はタクシーを拾えばスムーズに移動が可能です。

イーグルコースと呼ばれる18ホールは、アメリカンタイプのコースであり、ウォーターハザードの多さが特徴となっています。
障害物であるのと同時に、景観を良くする目的で設置されており、総距離はさほどありませんが広く感じられるコースです。

一方でライオンコースと呼ばれる18ホールは、スコティッシュリンクスを意識した作りになっており、複数のラフで構成されています。

総距離も7000ヤードオーバーであり、ラフを避ける技術と遠くに飛ばす技術が求められるコースです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ