李五順プロは90~00年代に活躍した韓国女性ゴルファー

李五順プロは、1990年代から2000年代にかけて活躍した女子プロゴルファーです。
1995年より日本ツアーに参加するようになり、いくつもの大会に出場しています。
25歳からゴルフを始めるなど、他のプロゴルファーと比べて、少し遅めに始めたにもかかわらず、メキメキと実力をつけて複数の大会で上位入賞を果たしています。

1962年生まれで、出身校は韓国の王信商です。
クラブはロマロを、ボールはヴォルビクを使用しています。

得意なクラブはドライバーで、その飛距離が魅力です。

主な戦績を見てみると、1996年ゴルフ5レディスプロゴルフトーナメント4位、1998年日本女子プロゴルフ選手権大会コニカ杯4位、健勝苑レディス・道後4位と言った成績を残しています。

また、翌年の年那須小川レディスプロゴルフトーナメント4位、2000年マンシングウェアレディース東海クラシック6位、2001年樋口久子・紀文クラシック6位と、毎年上位の成績を記録してきました。

生涯獲得賞金は64,749,313円で、いずれの年度も、賞金順位は100位以内に入っています。
李五順プロは、2002年度のトーナメントを最後に、日本のツアーの記録が止まっています。

2002年度には20試合に出場し、獲得賞金は3,588,000円、84位をマークしています。

公式トーナメント成績が残っている、大王製紙エリエールレディスでは12位タイ、賞金1,200,000円と、優れた成績を残しています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ