坂口希は女子プロゴルファーとして結果を残せず

坂口希(のぞみ)は1972年11月17日に愛知県で生まれ、高校を卒業した後に、岐阜県の日本女子ゴルフ専門学校(現在の日本プロスポーツ専門学校)に入学してゴルフを始めました。
1996年にプロテストに合格して、日本女子プロゴルフ協会に登録をしています。
協会員としては68期生にあたり、同期には数多くのツアー大会で優勝を果たしている不動裕理がいます。

デビューした年は、レギュラー対象外の「JLPGA新人戦・加賀電子カップ」にのみ出場をし、10オーバーの25位でした。

翌年はレギュラーツアーの「雪印レディース東海クラシック」に出場しますが、初日にトリプルボギーを2つ出すなどスコアを崩して、残念ながら予選落ちとなります。

この年は他にステップアップツアーの大会にも出場しますが、思うような成績は残せませんでした。
翌年のトーナメント出場も、ステップアップの大会に一度だけです。

1999年はレギュラーツアートーナメント3試合に出場していずれも予選落ち、3つのステップアップツアー大会でも最高で43位タイというように成績が伸びません。

その後はしばらく出場試合数も減ってしまい、マンデー以外では出場機会を得られない年もありました。

2005年にはステップアップツアーのトーナメント11試合に挑戦しますが、最高成績で28位、9試合で50位以下となってしまい、この年の10月に行われた「ウッドワンレディースカップ」での67位タイという成績が、プロツアーに参加した最後のものになっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ