成績不振に喘ぐ、金沢鈴華は美人ゴルファーとして知られる

金沢鈴華は日本の女子プロゴルファーで、1974年生まれです。
所属はフリーで、スポンサー契約などはとくに結んではいません。
茨城県の出身で血液型はA型です。
スポーツは、ゴルフの他にテニスをたしなんでいます。

ゴルフは13歳の頃から始めています。
日本女子プロゴルフ協会に入会してプロとして活躍を始めたのは、1998年のことです。

デビューしてからいきなり賞金を獲得して、もちろん微々たるものですがそれでも入賞をして活躍をしています。
2000年には一気に7,904,500円もの賞金を獲得して大躍進をしました。

賞金ランキングも63位でした。
しかしその年をピークにして成績はやや下がっていき、賞金を獲得できなくなってしまいます。

トーナメントごとの結果としてはマンシングウェアレディース東海クラシックの4位タイが最高位で、また同じく2000年の日本女子プロゴルフ選手権大会コニカ杯の8位タイがあります。

この成績をキープしていくことが出来ればトッププロになることも間違いなかったのですが、惜しくもそれから調子を落としていってしまっています。

また、彼女はヒョウ柄が好きでよくヒョウ柄のゴルフアイテムを利用していることから、一部ファンの間で特に注目されています。

ゴルフ界のファッションリーダーのようにオシャレにも気を使っていて、華々しい女子ゴルフのイメージを形作るのに一役買っています。
また、そのルックスから美人ゴルファーとの評判も高くなっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ