下田城カントリー倶楽部の18ホールは7113ヤードと長い

1990年、新潟県三条市に開場したゴルフ場が下田城カントリー倶楽部です。
2007年に経営会社が民事再生法の適用を申請しており、株式会社スルガコーポレーションをスポンサーとして再建されています。
しかし2008年には株式会社スルガコーポレーションが民事再生法の適用を申請し、2011年には市川ゴルフ興業グループが取得し傘下に収めました。

ここではセルフプレーかキャディ付きかを選択することが可能であり、どちらを選んだ場合でもさほど利用料金は高くありません。
平日ならばキャディ付きでのプレーを行った場合でも1万円以内に収まるので、コストパフォーマンスの面で優れているゴルフ場です。

下田城カントリー倶楽部の18ホールは佐藤謙太郎氏が設計を担当しており、バックティーからの距離は7113ヤードと長距離コースとなっています。
アウトコース、インコース共に距離が3500ヤードを超えているので、ボールを遠くに飛ばす力は欠かせません。

等高線に沿ってレイアウトされているので、丘陵地帯に作られていますが各ホールの間で高低差は少なく、フラットに近い感覚で打つことが可能です。

また、各ホールはティーグラウンドからグリーンまで真っ直ぐ作られているので見通しも良く、障害物に気づかないということは殆どありません。
バンカーの数は平均的ですが、フェアウェイの近くに配置されていることが多く、ティーショットでバンカーに捕まることもあります。

さらに池はフェアウェイに沿うように配置されていることがあり、曲げてしまわないよう注意が必要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ