松島チサンカントリークラブは3コース、計54ホールを所有している

景勝地として有名な宮城県の松島の近くで営業を行っているゴルフ場が、松島チサンカントリークラブです。
18ホールを計3つ所有しており「松島チサンカントリークラブ 松島・仙台コース」と表記されるゴルフ場は1973年、宮城県宮城郡松島町に開場しました。
広大な土地と2コース、計36ホールを所有しているのが特徴であり、松島コースと呼ばれている18ホールはバックティーからの距離が6854ヤードと長めです。

概ね真っ直ぐ作られているので、途中で角度を変えるドッグレッグの作りが印象に残りやすくなっています。
右に曲がっていく5番ミドル、角度は変わらないものの距離が長くフェアウェイがやや狭い6番ロングホールが難所です。

仙台コースと呼ばれている18ホールは、バックティーからの距離が6897ヤードとこちらも長めとなっています。
フェアウェイの幅も十分であり、ドッグレッグの17番ロングホールを除きティーショットから攻めていくことが可能です。

障害物はバンカーがグリーン周りに多めですが、池は少なめであり、ルートをプレーヤーが組み立てていくという楽しみもあります。

「松島チサンカントリークラブ 大郷コース」と呼ばれている18ホールは宮城県黒川郡大郷町で1981年より営業を行っています。
バックティーからの距離は6226ヤードと短めですが、フェアウェイが曲がりくねっていることが多く、変化に富んでいます。

フェアウェイの幅は十分にあり、障害物が際立って多くはないので初心者の方でも楽しめる作りです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ