長崎県内で早い時期に作られた島原カントリー倶楽部

長崎県南島原市で1959年より営業を行っているゴルフ場が島原カントリー倶楽部です。
長崎県内で四番目に作られた長い歴史を持つゴルフ場で、御木道正氏が18ホールの設計を担当しました。
丘陵地帯に作られており、海に向かって緩やかな傾斜があります。
有明海を見渡すことが可能であり、景観の面での名物です。

グリーンから最も遠い、バックティーから打った場合の距離は6419ヤードであり、やや短めとなっています。
フェアウェイは広々としたところ、逆に狭めのところとさまざまであり、広々としたところを基準にしない方が良いです。

距離がそれほど長くないこともあり、基本的にはコントロール重視で問題ありません。

バンカーの数は、平均的であり多くも少なくもないですが、やや大きめなバンカーが配置されていることもあります。
7番ホール、11番ホールでは大きめのバンカーがあり、注意しないと打ち込む可能性は高いです。

池は1カ所にしか配置されていません。

しかしその1箇所、3番ショートホールの池は非常に大きく、池越えスタートの形なので苦手としている方が躓きやすいポイントです。
しかし、打ちやすいホールが多く、初心者の方に向いているコースとなります。

スコアに拘ってプレーするよりは、楽しむ為のプレーに向いており、観光の一環として訪れるのも悪くはありません。

利用料金はそれほど高くなく、コースのコンディションも良好で、また接客や各種施設のレベルも高いと評判のゴルフ場となっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ