台湾出身であり、2008年にレギュラーツアーで単独4位を記録した呂雅惠選手

呂雅惠選手は1975年生まれ、台湾出身の女子プロゴルファーです。
1991年、16歳の頃からゴルフを始めており、台湾の達徳商工卒業が最終学歴となっています。
しかし、その後の詳しいプロフィールは不明であり、日本でツアーに参戦するまでの経緯や、日本に来るまでの実績は分かっていません。

2007年より日本のツアーに参戦しており、ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメントでレギュラーツアーデビューを果たしました。
この年の最高順位はアコーディア・ゴルフレディスの18位タイですが、一度も予選落ちを記録しておらず、年間を通して安定したプレーを見せています。

2008年のシーズンはやや予選落ちと棄権の割合が多かったものの、ヨネックスレディスゴルフトーナメントで単独4位、中京テレビ・ブリヂストンレディスオープンで単独8位を記録しており、飛躍の年となりました。

2009年も年間を通してトーナメントに参戦しましたが、予選落ちと棄権がおよそ半数と多く、最高順位は樋口久子IDC大塚家具レディスの22位タイです。

2010年も多くの試合に出場し、最高順位はNEC軽井沢72ゴルフトーナメントの11位タイでしたが、前年よりは安定した成績を残しています。

2011年のシーズンは14位タイが最高順位であり、2012年のシーズンも12位タイが最高順位だったので、2008年の記録を抜くことは出来ませんでした。

2013年以降は日本のツアーには出場しておらず、その後の詳しい動向は不明となっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ