美人女子プロゴルファー真鍋早彩は、男性ファンだけでなくメディアからも大注目

愛知が生んだ美人女子プロゴルファーと言えば真鍋早彩プロのことでしょう。
1981年生まれの彼女は、野球や少林寺拳法を愛するスポーツ少女でした。
そんな彼女がゴルフを始めたのは、まだ彼女が11歳の時です。
世間ではプロゴルフ界で活躍している同世代も目立ってきており、そんな風潮が彼女を女子プロゴルファーの夢を見させたのでしょう。

高校卒業後は日本体育大学で学びますが、志半ばで中退します。
大学中退後はプロ試験合格のみを目標に練習を積み、2003年、22歳の時に念願のプロ試験をパスします。

得意クラブのパターを武器に、その後は多くのトーナメント大会に出場していきます。

2004年のマンシングウェアレディース東海クラシックでは27位タイ、2005年の日本女子オープンゴルフ選手権競技では113位、SANKYOレディースオープンで16位タイなどの好成績を記録しています。

しかし、2006年に左肩を痛めてしまい手術を行いました。
その後は復帰に向け体調を整えますが、なかなか調子が上がらず、予選落ちが目立つようになりました。

多くのトーナメント大会で彼女のプレイを見ることができますが、まだまだ本調子とは言えないようです。
そんな彼女を支えるのは、多くの男子ゴルフファンでした。

その整ったルックスと多くの芸能人が所属するアップフロントエージェンシーでのOL経験を持つ彼女は、ゴルフファンだけではなく、多くのメディアにも取り上げられる異色の女子プロゴルファーなのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ