本多弥麗は中部地方で活躍中の道産子ゴルファー

本多弥麗プロは1984年に北海道札幌市に生まれ、10歳の時からゴルフを始めました。
15歳となった2001年には、日本女子アマチュアゴルフ選手権競技に参戦しています。
2003年の日本女子学生ゴルフ選手権競技では惜しくも優勝を逃しますが、2位でフィニッシュしたこともありました。

翌年岐阜県の中京学院大学に進学し、本格的にプロの道を目指し始めます。
中部女子アマチュアゴルフ選手権では2度のトップ10フィニッシュを果たし、確実にゴルフの技術を成長させていきました。

そして大学を卒業すると同時にプロテストに合格し、夢だったプロゴルファーへ転向しました。

2008年からレギュラーツアーにも参戦し、プロミスレディスでは31位タイという成績をおさめるものの、その他のトーナメントでは予選落ちが続いてしまいます。

2009年には日本女子オープンを41位、ライフカードレディスを32位で終了しますが、その他の公式戦は惨敗が続きます。
2012年にはTポイントレディスゴルフトーナメントを39位で終了しますが、それ以上にスコアを伸ばすことができません。

本多プロは、自らを勇気を持って攻めきれないと分析しており、リスクを把握した上でバーディパットなどを狙いきれないところを克服すべく、日々練習を繰り返しています。

守り過ぎてしまうゴルフを脱却できた時、本多プロの快進撃は始まることでしょう。
まずは公式戦にフル参戦し、シード権を獲得できるよう挑戦を続けています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ