日吉久美子は十里木CCに所属しているプロゴルファー

日吉久美子選手は、1983年に43期生として日本女子プロゴルフ協会に入会し、プロとなりました。
1964年に静岡県で生まれ、富士市立岩松中学校を卒業しています。
14歳の頃からゴルフの虜になり、常に一緒に生活していたというほど、大好きなスポーツでした。

スポーツ歴は他にも卓球をしており、動体視力や球を打つコツなどはある程度分かっていたようで、さらに運動神経も良かったので、19歳という若さでプロテストを合格することができたのです。

現在は十里木CCに所属しており、契約している企業は、クラブとボール、そしてシューズはブリヂストンとなっています。

主な戦歴として、2001年に日本女子プロゴルフ選手権、1999年の樋口久子・紀文クラシック、1994年の日本女子プロゴルフ、1993年の紀文レディース、CHIYODAレディース、1992年の五洋建設・KTYレディース、対象外ですが郷・スターツレディスでそれぞれ優勝を飾っています。

その数は計6回にのぼり、これら以外でも輝かしい成績を残していることから、表彰の常連として多くの選手に驚かれていたほどです。

プロとしてデビューした1983年と84年に関しては本来の自分の実力を発揮することができずに、不甲斐ない結果に終わってしまいました。

それが非常に悔しく、そして自分の実力がまだまだだということを実感したので、そこから猛特訓をすることになり、その結果、1990年からは1000万円を超える獲得賞金を毎年取るほどのプロゴルファーへと成長していったのです。

自身最高は1993年の5000万円であり、このときは5位という順位を記録しています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ