爆発的に9位に入賞したがあとが続かなかった、押谷直子

押谷直子は日本の女子プロゴルファーで、1971年生まれです。
出身地は大阪府で、最終学歴は東大阪高等学校です。
ゴルフを始めたのは20才の頃からで、今のゴルファーと比べるとかなり遅い始まりになります。
日本女子プロゴルフ協会に入会したのは2008年のことで、これも現役の選手に比べると年齢的にも遅いスタートとなりますが、ティーチングプロとしてプロになったのではなく、ツアーに参戦しています。

デビューしてからすぐに賞金を獲得していますが、それも思うような成績ではなく、賞金ランキングは157位というものでした。
そして翌年は賞金を獲得できないという事もありましたが、すぐにまた賞金を獲得していくようになります。

ただし2011年を最後に、公式ツアーでは賞金を獲得することは出来ていません。
2011年は1,500,000円を獲得して、賞金ランキングは109位となっています。

惜しくも三桁になってしまいましたが、翌年の活躍を期待されます。
ただしそれは叶えられず、翌年はゼロでした。

トーナメントごとの成績は思ったようにいかず、上位に出ることはなかったのですが、ゴルフ5レディスプロゴルフトーナメントだけは9位という輝かしい成績を残しています。

この爆発力が持続的に続いていくことがあったのならば、トッププロへの道も開かれたのでしょうが、残念ながら他のトーナメントでは30位以降の成績ばかりです。

現在は、ステップアップツアーからの本戦復帰を目指して戦っています。
しかし、それも思ったようにはいっていません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ