横尾要選手はアメリカツアーに参戦したこともあるゴルファー

横尾要選手は1972年生まれ、東京都出身のプロゴルファーです。
10歳の時よりゴルフを始めており、東京学館浦安高校を経て日本大学に進学しました。
1993年の日本学生ゴルフ選手権競技で優勝を果たし、翌年広島アジア大会では個人と団体の二冠を獲得する等、アマチュア時代から多くの実績を残しています。

1995年のプロテストに合格し、同年のブリヂストンオープンゴルフトーナメントでツアーデビューを果たしました。
このデビュー戦でいきなり5位入賞と、実力の高さを示しています。

1998年のアコムインターナショナルでツアー初勝利を上げ、賞金ランキングで9位を記録しています。
翌年東海クラシックで優勝、2000年には国内メジャー大会である日本プロゴルフマッチプレー選手権でも優勝しました。

同年の末にはアメリカPGAツアーの出場資格試験に合格し、2001年よりアメリカを主戦場として試合に出場することとなります。
アメリカでの最高順位は、2002年のフェニックス・オープンでの2位です。

しかしその年は賞金シードを得られず、翌年には出場資格試験で敗れたことから2004年より再び国内を主戦場とします。
2006年には三菱ダイヤモンドカップゴルフで4年振りに国内ツアー優勝を果たしました。

以降も安定して上位に顔を出しますが、優勝には至っていません。
2012年のマイナビABCチャンピオンシップ翌年の大会では優勝に手が届く位置につけましたが、破れています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ