霞ヶ関カンツリー倶楽部は埼玉県内で2番目に作られた名門ゴルフ場

1929年、埼玉県川越市に開場したゴルフ場が霞ヶ関カンツリー倶楽部です。
埼玉県内で2番目、関東地方で4番目に作られた名門ゴルフ場であり、広大な土地と2コース、計36ホールを所有しています。
男子のメジャー大会である日本オープンゴルフ選手権競技、女子のメジャー大会である日本女子オープンゴルフ選手権競技が開催されており、大会の開催実績も豊富です。

1929年の開場時からある東コースは赤星四郎氏、藤田欽哉氏が設計を担当しており、グリーンから最も遠いチャンピオンティーからの距離が6982ヤードと距離も十分にあります。

高低差は殆どなく、フェアウェイは広く作られていますが、サイドバンカーがフェアウェイ近くに多く配置されており、一打目で砂に捕まることも珍しくありません。

概ね真っ直ぐレイアウトされているオーソドックスな設計ですが、グリーンは多数のガードバンカーで守られており、ホール後半の難度が高めです。

脱出が困難なことで知られているアリソンバンカーもあり、またグリーンはさほど大きくはないのでアプローチショットで躓きやすくなっています。

1932年に増設された西コースは井上誠一氏が設計を担当しており、チャンピオンティーからの距離は6887ヤードとこちらも距離は十分です。

アウトコースでは池は9番ミドルホールにしかありませんが、インコースでは大きな池に加えて小川もあります。
東コース程ではありませんがバンカーも多く、障害物をどれだけ避けられるかがポイントです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ