東急ゴルフリゾートが所有している吉川カントリー倶楽部

1992年、兵庫県三木市に開場したゴルフ場が吉川カントリー倶楽部です。
東急グループに属している東急ゴルフリゾートが所有しているゴルフ場であり、神戸市の北に位置しています。
神戸や明石、姫路方面からアクセスしやすいのは勿論のこと、中国自動車道の吉川インターチェンジから非常に近いので大阪方面から自動車を利用した場合もアクセスが容易です。

ラウンドスタイルは基本的にキャディ付きですが、月曜日と火曜日はセルフプレーで回ることとなります。
豪華に、美しく作られたクラブハウスを始めとしたサービス面も見所であり、パウダールームも用意されている女性の方にも配慮した作りです。

吉川カントリー倶楽部の18ホールは川田太三氏が設計を担当しており、グリーンから最も遠いチャンピオンティーからの距離は6904ヤードと十分にあります。

全体的に左方向にボールを曲げるとOBを記録することが多いので、フックの傾向があるプレーヤーの方は特に注意が必要です。

18ホールはフラットに仕上がっているので、高低差が原因で距離感が狂うことは殆どありません。
アウトコースが特に長く、真っ直ぐレイアウトされているので飛距離に自信があるプレーヤー向きとなっています。

一方でインコースは距離がやや短く、途中で角度を変えることも多い、テクニカルな構成が特徴です。

バンカーは大きく、ティーショットで打ち込む可能性も十分にあり、更にインコースでは池も多く配置されています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ