18ホールは打ち下ろしの形が多い佐野クラシックゴルフ倶楽部

栃木県佐野市で1997年より営業を行っているゴルフ場が佐野クラシックゴルフ倶楽部です。
会員権が存在しないパブリック制を採用しているのでビジターの方でも訪れやすく、利用料金も抑えられています。
佐野クラシックゴルフ倶楽部の18ホールは石井朝夫氏が監修を担当しており、バックティーからの距離は6530ヤードと平均的な数字です。

山岳地帯に展開されているので高低差はありますが、打ち上げの形は少なく、ティーショットは打ち下ろしの形が多めとなっています。

フェアウェイは広く設定されているものの、途中で角度を変えるドッグレッグが多く、終始高いコントロール技術が求められるので飛距離を稼ぐ必要性はありません。

ティーグラウンドからグリーンを確認することが難しい3番ロング、右に大きく曲がりフェアウェイとグリーンが離れている14番ミドルホール、真っ直ぐ作られているもののアプローチショットが谷越えである17番ミドルホールは難所です。

障害物の数も多く、グリーン周りにバンカーが多いのはもちろんのこと、フェアウェイの横に配置されているサイドバンカーも多めとなっています。

5番ミドル、11番ミドル、12番ミドルホールは砂に捕まってスコアを大きく崩すことも珍しくありません。
池はアウトコースで大きめのものが多く見られますが、池越えの形になることは少なめとなっています。

最終18番ロングホールは高低差約60メートルの打ち下ろしで始まる、このゴルフ場の名物と言える存在です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ