小名浜カントリー倶楽部はオリックスグループが所有することとなったゴルフ場

福島県いわき市で1976年より営業を行っているゴルフ場が、小名浜カントリー倶楽部です。
2007年には経営会社が民事再生法の適用を申請する事態となりましたが、オリックスグループをスポンサーとして再建を目指す案が認可されました。
小名浜カントリー倶楽部が所有している3コース、計27ホールは行天良一氏が設計に携わっており、丘陵地帯にありながらも高低差はほとんどありません。

自然が多く残されており、各ホールは松や竹で完全に仕切られているので林間コースの特徴も併せ持っています。
太平洋に面しているという特徴があり、景観面で素晴らしいのは勿論のこと、年間を通して暖かいというのも利点です。

東北地方は寒く、雪が降りやすい土地柄なので冬季はクローズというゴルフ場が非常に多いですが、小名浜カントリー倶楽部では年間を通してプレーすることが出来ます。

複数の宿泊施設と提携しており、宿泊プランも用意されているので、泊まりがけでのプレーにも向いているゴルフ場です。

各コースは、オーソドックスなレイアウトを採用していますが、バンカーや池、そして谷越えといった障害物が多めとなっています。

全体的に距離が長いもののフェアウェイがあまり広く作られていないので、好スコアを狙う場合は、飛距離に加えて高いコントロール技術が必要です。

ティーショットでプレッシャーがかかるような障害物は殆どありませんが、フェアウェイからバンカーは登場するので打ち込むことも珍しくありません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ