清澄ゴルフ倶楽部は自然を活かしたコース作りが特徴

埼玉県東松山市で1993年より営業を行っているゴルフ場が、清澄ゴルフ倶楽部です。
敷地内には木々を始め自然が多く残っており、ゴルフの基本的な理念である、あるがままの姿を重視しているゴルフ場となっています。
丘陵地帯に展開されているものの、高低差は少ない清澄ゴルフ倶楽部の18ホールは大久保昌氏が設計を担当しており、グリーンから最も遠いチャンピオンティーからの距離は、7084ヤードと非常に長めです。

高低差で苦しむことは少なめですが、終始フェアウェイがあまり広くないので、飛距離に加えて高いコントロール技術が求められます。

フェアウェイは概ね真っ直ぐですが、途中で曲がりくねっているホールもあり、ティーショットでボールを思い通りのところに飛ばせるかがスコアメイクの上で重要です。

グリーンの手前で緩やかに曲がっていき、ティーグラウンドからグリーンを確認しにくい2番ロングホールは自然の地形を活かした難所となっています。
バンカーは全体的に数が少なく、バンカーに捕まって大きくスコアを崩すことはあまりありません。

池も個数は少なめですが、随所に面積の広い池が配置されているので打ち込む可能性は高くなっています。

15番ミドルではティーグラウンドの左に池が配置されていますが、他の池は全てグリーン周りに配置されており、グリーンを取り囲むように池がレイアウトされている9番ロング、17番ショート、18番ミドルホールは飛距離に特に注意が必要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ