相模野カントリー倶楽部は計27ホールを所有しており、都心から近い

神奈川県相模原市で1976年より営業を行っているゴルフ場が相模野カントリー倶楽部で、都心から近く、アクセス性に優れています。
9ホール構成の3コースを所有しており、組み合わせは計3通りです。
丸毛信勝氏が設計を担当し、木々が多く残った作りで、OBを防ぐ役割を果たしています。

愛川コースの9ホールは最も長く、真っ直ぐ作られているのが特徴です。
フェアウェイに関してはやや狭いものの、高低差が少ないという特徴もあり、思い切って打っていけるでしょう。

障害物の数は少なめですが、バンカー、池共に大きめのものが配置されています。
特に2番ホールは巨大なバンカー、池がある難所です。

高低差が色濃く残っており、打ち上げ、打ち下ろしが多く、テクニックが重要なのが相模コースと呼ばれている9ホールでしょう。
谷越えもあるので、思い切って打つ勇気も必要となります。

2番ホールは池越えスタートであり、バンカーも大きめなので、上級者向けとも言われています。
城山コースと呼ばれている9ホールは最も距離が短いのが特徴となります。

谷越えを筆頭に、変化に富んだ構成です。
障害物はあまり配置されておらず、池はプレーに絡むことは少ないでしょう。

また、バンカーも小さめであり、あまり多く配置されていません。
相模野カントリー倶楽部はメンバーの場合キャディ付で1日9480円です。

ビジターとなると、平日16000円程度~土日祝日で23000円ほどで楽しむ事が出来ます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ