愛媛県内で4番目に作られた、歴史のある大洲ゴルフ倶楽部

1966年、愛媛県大洲市に開場したゴルフ場が大洲ゴルフ倶楽部は、愛媛県内で4番目に作られており、歴史のあるゴルフ場です。
佐藤儀一氏が18ホールの設計を担当しました。
バックティーからの距離は6397ヤードであり、短めとなっています。
山岳地帯に作られており、打ち上げ、打ち下ろしが多く、また山から流れてくる傾斜も多くあります。

距離は短めですが、易しくはありませんが、フェアウェイは比較的広めに作られているので、ティーショットは打ちやすくなっています。
第一打をどこに落とすかでスコアは大きく変わるでしょう。

曲がりくねったレイアウトは少なめとなっていますので、ティーグラウンドからの見通しは良好です。
ティーショットの方向で戸惑うことは少なめとなっています。

障害物はあまり配置されていませんが、バンカーはやや大きめとなっています。
しかし、数があまりないので、打ち込む可能性はそれほど高くないでしょう。

2番ホール、3番ホール、7番ホール、14番ホールはグリーン周りにバンカーが多めであり注意が必要です。
池はコース内に一か所しかなく、12番ホールにある唯一の池は小さめです。

しかしティーグラウンドの真正面に位置しており、池越えスタートの形になっています。
全体的に、プレーヤーにプレッシャーがかかる作りです。

利用料金はやや安めとなっているので、平日ならキャディ付きであっても1万円以内で利用可能であり、コストパフォーマンスは良好です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ