吉井川の河川敷沿いに作られている長船カントリークラブ

1967年、岡山県瀬戸内市に開場したゴルフ場が長船カントリークラブです。
岡山県の三大河川の一つ、吉井川の河川敷に作られたコースとなります。
岡山県で7番目に作られた、歴史のあるゴルフ場です。
新幹線が近くに通っており、周囲には自然があまりありません。

しかし本格的なクラブハウスを備えており、コース内には自然が多く見られます。
本格的なゴルフ場と比べても遜色はありません。

値段は安めに設定されているので、近くにお住まいの方なら気軽に利用が可能です。
佐藤儀一氏が18ホールの設計を担当しました。

距離は6229ヤードとかなり短めとなっています。
フェアウェイは広めに設定されているものの、ラフも多いので、油断は出来ません。

また、遮るものが何もないので、OBが出やすくなっています。
河川敷コースはフラットであるという特徴を持っており、その点は長船カントリークラブも同じです。

しかし傾斜があるのでボールが曲がりやすくなっています。
池はコース内に全くありません。

その代わり、バンカーが非常に多く配置されています。
バンカーは面積も大きめであり、3番ホール、5番ホール、12番ホール、15番ホールのグリーン周りは特に気をつけないといけないポイントです。

ティーショットが落ちそうな地点にはサイドバンカーが配置されています。
コントロールに難があると打数が嵩みやすく、距離は短めですが難易度は低くありません。

コントロール技術を磨きたいという方には打ってつけのゴルフ場です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ