東ノ宮カントリークラブは多くのトーナメントの舞台となったゴルフ場

栃木県芳賀郡茂木町で1974年より営業を行っているゴルフ場が東ノ宮カントリークラブです。
富澤誠造氏、富澤廣親氏が設計に携わりました。
プロトーナメントが多数開催されており、評価の高いゴルフ場で、ホール構成の3コース、計27ホールの中から組み合わせてプレーすることとなります。
丘陵地帯に作られているものの、高低差は少なく、フラットに近い感覚で打つことが可能です。

おばなコースと呼ばれている9ホールは距離が最も短いという特徴を持っています。
ラフの割合が非常に多く、またバンカーも多めで、バンカー周りだけでなくフェアウェイにもバンカーが配置されています。

大きな池が一部にありますが、プレーに絡むことはほとんどありません。
さつきコースと呼ばれている9ホールは最も長く、且つコントロールの技術も必要でしょう。

小さめですが池が数カ所にあり、最も注意する必要があります。
そしてバンカーも多めであり、特に7番ホールは大きめのバンカーがグリーンの周囲に固まっていて、難度が高めです。

あおいコースと呼ばれている9ホールは、途中で角度が変わる、ドッグレッグの作りになっているホールが多めですが、他のコースと比べれば難易度はやや落ちます。

池越えスタートとなる1番、バンカーが多めの6番、9番は気をつける必要があるでしょう。

高い評価を得ているゴルフ場ですが、利用料金は安めに設定されています。
インターネットからの予約にも対応しており、よりお得に利用が可能です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ