愛知県内で古くから営業している、東海カントリークラブ

「東海カントリークラブ 豊川コース」と表記されることもある東海カントリークラブは愛知県豊川市で1961年より営業を行っているゴルフ場です。
愛知県内で7番目に作られた、歴史のあるコースで、佐藤儀一氏が18ホールの設計を担当しました。
山岳地帯に作られているので、打ち上げや打ち下ろしが多めです。

自然を活かした作りとなっているのですが、それが原因となりフェアウェイがやや狭めに見えます。
グリーンから最も遠い、バックティーから打った場合の距離は6413ヤードと、長いコースではありません。

多彩な仕掛けが施されているので、ドライバーショットを豪快に打ちたいという方には向いていないでしょう。
アウトコースは打ち下ろしの場面が多く、比較的真っ直ぐに作られています。

バンカーや池もありますが、それほど多くはありません。
2番、7番、8番ホールのグリーン周りはバンカーに気をつける必要がありますが、躓くポイントは少なめです。

インコースはフェアウェイが途中で大きく曲がるホールがあり、グリーンの位置を把握するのが難しくなります。
13番、14番、17番ホールで池が見られ、大きいわけではありませんが、プレーする上で飛んで行きやすい地点にあるので注意が必要です。

バンカーも少なくはなく、13番、16番ホールはグリーンの周囲を中心として多数のバンカーがあります。

打ち上げもあるので苦手としている方はスコアが崩れやすいです。
利用料金はやや高めの設定となっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ