庭園を意識した18ホールがある栃木ヶ丘ゴルフ倶楽部

栃木県栃木市で1991年より営業を行っているゴルフ場が、栃木ヶ丘ゴルフ倶楽部です。
宮本留吉氏が18ホールの設計を担当しました。
丘陵地帯にありながらもフラットであり、さまざまなレベルのゴルファーに対応したコースです。
庭園風に作られたコースと、関東平野を一望出来る点が景観面での見所となります。

最もグリーンから遠い位置にあるバックティーからの距離は長めで、6917ヤードです。
フラットではありますが、真っすぐに作られているホールは少なめであり、テクニックが重要となるでしょう。

障害物の定番であるバンカーは数が非常に多く、また一つ一つが大きめです。
そして庭園を意識して作られているので、池も非常にたくさんあります。

ティーショットが池越えの形になっているホールがアウトコースで少なくありません。
13番はグリーンを取り囲むように池が配置されている、名物のショートホールとなります。

障害物が多く、常にリスクがつきまとうので、プレーヤーの判断力が試されるコースです。
リスクを承知で打つか、安全策を取るか、常に状況を分析しながらプレーする必要があります。

利用料金はそれほど高くなく、リーズナブルな設定です。
しかし、バンカーやフェアウェイといったコースのコンディションは常に良く、高い評判を得ています。

高速道路のインターチェンジが近くにあるので、アクセスの面でも優れたゴルフ場です。
北関東は勿論のこと、都心や東北からもアクセスしやすい位置にあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ