八千代ゴルフクラブはパブリック制を採用しているゴルフ場

八千代ゴルフクラブは、千葉県八千代市で1961年より営業を続けている歴史のあるゴルフ場です。
18ホールの設計は安田幸吉氏が担当しています。
林間地帯に作られた18ホールの距離は、6023ヤードとかなり短めです。
パーは通常の18ホールと同じく72ですが、コースレートはバックティー、男性の場合で69.1とかなり少なめの数字となっています。

距離が足りないので、ボールを豪快に飛ばしたいという方にはやや不向きです。
しかし、フラットに仕上がっていて高低差があまりない、フェアウェイは比較的広いという特徴を持っていますので、楽しむ為のプレーには向いています。

あまり敷地面積がないところに作られているので、距離が短いという以外に、ホールの途中で極端に曲がったドッグレッグと言われる作りになっているところが多いという特徴もあります。

また短めの距離をカバーする為、バンカーが非常に多く設置されているので、パワーよりコントロールの方が重要です。
池もそれなりに有り、ドッグレッグと組み合わさっているところは難所となっています。

短めのコースであるこのゴルフ場では、歩いてのプレーが基本です。
カートの類は使われていません。

歩いて回ることで、健康にも良い効果が期待出来ます。
八千代ゴルフクラブは会員権を持ったメンバーのいない、パブリック制を採用しているので、どなたでも気軽に訪れることが可能です。

メンバーシップ制の内向きな感じがあまり好きではないという方には合っているゴルフ場となります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ