ゴルフ用語

スイングの練習にも使える、野球バットで飛距離を伸ばす

バットはもちろん野球で使用する道具ですが、これはゴルフの練習にも非常に役に立つと評判でもあります。 また、ゴルフの練習用のバットも発売されているほどで、知る人ぞ知る練習法となっています。 もちろん、専用のアイテムを買わなくても、野球用のもの...
ゴルフ用語

方向性と距離感を守れば、パッティング成功率は格段に上がる

グリーン上で最後に決めるパッティングですが、これには大きな要素として二つ挙げられます。 それが距離感と方向性です。 この二つなしにして、カップインはできないでしょう。 それぞれに重要なポイントがありますから、基本を抑えて正しいパッティングを...
ゴルフ用語

プロや上級者のみに使用を許されている、バックティ

ティグラウンドには多くの種類があって、それぞれレベルに合わせて選ぶことができます。 その中でバックティは最も距離が遠く設定されていることが多く、プロや上級者向けとされています。 だからこそゴルフ場では誰でも使えるというわけではないところが多...
スポンサーリンク
ゴルフ用語

上半身のひねりを力に変える、バックスイング

バックスイングはインパクトのための準備と言えます。 つまりこの動作を正確に行うことによって、これからのスイングの成功率が高まることも意味しています。 さらに、バックスイングを正しく行うことによって、上半身のひねりのパワーをスイングに乗せるこ...
ゴルフ用語

規定打数マイナス2打でグリーンに乗せる、パーオン

テレビや雑誌などでゴルフの試合の詳細を見ていると、パーオンという言葉がよく飛び出します。 これはグリーンにボールが乗ったときに使われる言葉で、もしも規定打数が3打のホールならば1打で、5打のホールならば3打で乗せたときこう呼ばれます。 つま...
ゴルフ用語

ゴルフの基本理念を忠実に守ったプレーなら、ノータッチ

ゴルフはあるがままの状態でのプレーが推奨されていますが、ノータッチはその理念を代表する言葉です。 ノータッチのプレートコンペで行われたのならば、ボールはティに置いた瞬間から触ることができなくなり、カップインまで打った状態が維持されていくこと...
ゴルフ用語

リカバリーショットには大切な抜けは、ソールで決まる

抜けとは、ゴルフではクラブヘッドがインパクトをして、そのままフォロースルーまでの動作がスムーズに行えることを意味しています。 良い、悪いという使い方をされることが通例です。 そして抜けが良いと言われるものはソールが丸くなっていることが多く、...
ゴルフ用語

転がして寄せる9番アイアンの別名、ニブリック

以前では、すべてのクラブに番号ではなく名前が付けられていました。 そして、ニブリックとは、この中でも9番アイアンに付けられていた名前です。 9番はアイアンの中でも特に短いものになっていて、アプローチで使用されます。 転がすのに最適なクラブに...
ゴルフ用語

救済の基準となる二アレストポイントのルールとは

ゴルフでボールが打てない場所に入ったら救済措置として拾い上げることがありますが、そのときに二アレストポイントにという言葉がよく出てきます。 救済はこの二アレストポイントを基準としてクラブレングスでドロップをするのですが、これを正しく知ってお...
ゴルフ用語

初心者が陥りやすい、過剰なニーアクションは飛距離を落とす

ニーアクションとは、スイングのときのひざの動きのことで、これは意識をしていなくても、アマチュアゴルファーは勝手にしているものです。 バックスイングのときは右に、そしてダウンスイングのときは左にと移動しています。 このこと自体はそれほど悪いこ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました