世界トップクラスのリゾートコースであるパインハースト

アメリカのノースキャロライナに広がる、世界最大のゴルフリゾートのパインハーストは、ファジオ、ジョーンズ、メープル、ロスと世界的有名ゴルファーが設計した、144ホールからなる8コースを持つゴルフリゾートであり、世界では中国のミッションヒルズGCに次いで2番目、全米最大のゴルフコースになります。
1895年に最初のコースが完成し、過去3度の全米オープンが行われたという実績を持つNo.2コースは、1907年にドナルド・ロス氏によって設計された世界に知れた有名なコースです。

クラブハウス前には1999年に開催された全米オープンでみごとに優勝し、その年の10月に不運にも飛行機事故で死亡したペイン・スチュワート選手の銅像が飾られています。

銅像には最終日の18番で、決めれば優勝、もしも入らなければ、フィル・ミケルソン選手とのプレーオフに突入するという手に汗握る大事なパーパットを決めて、ガッツポーズで喜びを表現しているスチュワート選手の姿が描かれているのです。

2014年には、ゴルフ史上初めて、同一会場にて、男子の全米オープンと、全米女子オープンが開催されたのは記憶に新しいところです。

広大なリゾート施設内には3つのホテルがあります。
ホーリー、マナー、ビラのチョイスができ、心からくつろげる誰もが憧れるリゾートです。

その他、レイクパインハーストでのヨット、ジョギング、また多数のプールも楽しめる、ゴルファーなら一度は行ってみたいリゾートの上位にランクされ、誰もが認める世界のトップクラスリゾートなのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:世界のゴルフ場

このページの先頭へ