カジュアルウォーターという言葉を聞いたことがありますか?

カジュアルウォーター(略してCW)とは、雨天の際にコースにできる水たまりのことをいいます。
ただしこちらの水たまりはずっと残り続けるものではなく、一時的に消えるものです。
これについてはいくつかの考え方がありますが、グリーンを踏みしめることで水が染み出してきてできる水たまりにおいては該当しないという定義があります。

このカジュアルウォーターがプレーに影響を及ぼすと判断された場合は、規定にそって対処することになります。
その対象が必要かどうか、本当にCWの定義に則っているかということが大変重要になりますので、水たまりといってもあなどれず、細かな定義が定められているわけです。

その定義によりCWと認められた場合、ボールがCWの中に入ってしまっていた場合は、救済の対象になります。
ただし霜や露においては対象外です。
また、スタンスがCWにかかってしまう場合も、救済の対処となります。

また、プレーの線上にカジュアルウォーターがかかっている場合は救済の対象にはなりませんが、グリーンのパッティング上にある場合は、救済の対象になります。

グリーン上にCWがかかってしまうと正しいパッティングが行えないので、こちらは理解できますが、その救済方法についてもとても細かく規定が定められていますので、必ずしも希望の救済方法になるとは限らないのが難しいところです。

いずれにせよカジュアルウォーターがあった場合に備えて、細かな定義について予習しておき、本番に備えておきましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ルール

このページの先頭へ