ニック・ファルドはイギリス出身のプロゴルファーで生涯優勝は40回です

ニック・ファルド(NickFaldo)は1957年7月18日の生まれで、イングランド・ハートフォードシャー州出身のプロゴルファーです。
ファルドは非常に安定感があり、全英オープンとマスターズにおいてそれぞれ3勝したほかに、メジャー大会で6勝を記録しています。
なお、世界ランキング1位にも通算で7週間在位しました。

アメリカPGAツアーにおいて9勝、欧州PGAツアーにおいて30勝、国際試合において4勝と、生涯を通して40勝という成績を挙げています。

ニック・ファルドは、1976年にプロ入りし、「スコール・ラガー・インディビジュアル」の大会でプロ初優勝をかざり、28歳からデビッド・レッドベターとスイングを改造し、30歳1日で第116回全英オープンでメジャー大会初優勝しました。

1989年と1990年のマスターズでは、2年連続でプレイオフを制し、大会2連覇を達成、マスターズでの大会連覇記録としては、ジャック・ニクラスが記録して以来の史上2人目の偉業を成し遂げています。

1990年にはセント・アンドルーズの「オールド・コース」で開かれた第119回全英オープンでも優勝し、メジャー大会で年間2冠を獲得しましたが、この優勝スコアは18アンダーパーで、2000年にタイガー・ウッズによって記録を破られるまでは、最少スコア優勝記録でした。

1992年の第121回全英オープンでは歴史的な再逆転劇で、3度目の優勝を達成しました。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ