奈良が生んだ女子プロゴルファー宮本美智子プロは子育て真っ最中

フリーで活躍する宮本美智子プロは、1974年生まれのまだまだ若手の女子プロゴルファーです。
水泳に勤しんできた彼女は、スポーツ1本の活発少女として青春時代を駆け抜けてきました。
16歳の時には既に水泳以外にも、ゴルフクラブを握り始めており、そのおっとりした性格とはうらはらに、グングン飛距離を伸ばしていきます。

まだまだ自己流が多かったゴルフ技術を吉川一雄プロの下で学び直し、徹底的にゴルフの基礎と叩き込みました。
奈良が生んだ早熟な少女はみるみる実力をつけ、試行錯誤を重ねながらも1999年25歳の時に、プロ試験に合格を果たします。

そして念願の女子プロゴルファーとしてデビューを飾りました。

得意のクラブフェアウェイウッドを武器に、多くのトーナメント大会に出場し、2001年には伊藤園レディスゴルフトーナメントで37位タイ、富士通レディースでは41位タイの記録を残しています。

同年600,000円の賞金を獲得しており、生涯獲得賞金は726位となっています。
現在は結婚し子どもも生まれたため、現役から距離をおいている宮本美智子プロです。

しかしホールインワン経験も3回ある実力の持ち主です。
そのふわっとしてゆるやかな女性らしいスイングは、とても上品だと評判です。

以前はゴルフ倶楽部でのコーチとして活躍もしており、いずれコーチ業も現役選手としても本格的な復帰が期待される、有望な女性プロゴルファーとして知られているのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ