春名理砂はティーチングプロとして活躍が期待されている

春名理砂プロは2004年に日本女子プロゴルフ協会に入会し、ティーチングプロとして活躍をすることになりました。
1967年兵庫県に生まれ、神戸野田高等学校を卒業しています。
19歳からゴルフをスタートさせて、37歳でプロとして活躍することができるようになり、長い道のりでしたが、諦めることなく地道に挑戦していけば、いつかゴールにたどり着く、それを証明したプロとして、世間が認めるゴルファーとして、多くの人に知られることになったのです。

春名理砂プロはドリームコーポレーションに所属しており、契約している企業はありません。

ティーチングプロフェッショナル資格A級を保持しており、感性されたスイングと深い知識が上手に化学反応することにより、今までにない最高の仕上がりを感じられるよう、日々努力を続ける一般の人によりよい素晴らしさを提供できるようなコーチであると知られています。

普段では無視されてしまいがちなスイングのミスや、失敗を速やかに発見して指導できるのが、人気のポイントでしょう。

今後はゴルフの楽しさ、そして奥深さをもっと多くの人に知ってもらう活動を続けていくとされています。

バレーボールをしていたということもあり、雑談では違うスポーツに置き換えての話をして、参加者に少しでも気付きを感じて欲しいと真剣に考えています。

そうしたひとつひとつの行動が時に大きな結果を生むこともあるようで、とても人気のレッスンです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ