京都出身のはんなり女子プロゴルファー 並河恭子

ケイ アンド プランに所属している並河恭子プロがゴルフを始めたのは、15歳の時でした。
京都出身の並河氏は、それまでテニスに打ち込んでいましたが、この頃からプロゴルファーを将来の目標としています。
高校を卒業後は同志社大学に進学し、数々のアマチュア選手権に出場します。
日本女子学生ゴルフ選手権競技や日本女子アマチュアゴルフ選手権競技などに出場し、徐々に実力を磨いていきます。

同志社大学を卒業後もレッスンを重ね、1999年に71期生として日本女子プロゴルフ協会に入会します。

初めてのステップアップツアーとなる穴吹工務店カップでは2位に入賞し、その年からレギュラツアーとなる富士通レディースと、日本女子プロ選手権コニカ杯への出場を果たします。

2001年から本格的にレギュラツアーへ参戦しますが、残念ながら予選落ちが続きます。
しかしゴルフ5レディストーナメントで48位に入り、初の公式戦での賞金を獲得しました。

翌年には中京テレビ ブリヂストンレディスで24位、再春館レディースでは29位という成績でフィニッシュしました。
2014年現在はHONMAゴルフスクール京都十条店にて、インストラクターとして活動しています。

選手の骨格に合わせたスイングを習得することが上達の近道と考えており、レッスンを受ける方の体に合わせた練習方法を指導してくれます。

気さくで明るい人柄も好まれており、訪れた人からは色々なことを気軽に相談できると好評です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ