玉井理子はティーチングプロとして活躍するプロゴルファー

玉井理子プロは、ティーチングプロとして、2006年に日本女子プロゴルフ協会に入会しました。
ティーチングプロは、トーナメントなどには参加せずにゴルフ指導や、幅広いゴルフに関する知識を有しているので、世間一般に向けてゴルフの魅力や素晴らしさを宣伝する役割を全うすることに、全力をかけて取り組む人のことを指します。
玉井理子選手は、ゴールデンバレーGCに所属しており、そこを中心にして一般やジュニアに向けて指導をしています。

1964年に愛媛県で生まれ、愛媛県立丹原高等学校を卒業しました。
ティーチングプロフェッショナルA級を保持しており、教えることに関しては一流だと、練習生からの評判も上々です。

ゴルフはどうしてもお金持ちがやるスポーツだと思われています。
クラブなどを一式揃えるだけでも結構な値段がしますし、ラウンドするとなるとそれだけで多額の資金が必要になります。

様々な条件が求められるので、ゴルフをしたいけどできないという人が多いのが現実です。
しかし、最近はそういった環境ではなくなってきています。

つまり、少ないお金で始めることができるようになったことで、気軽に楽しむことができるスポーツだといわれるようになりました。
そこからの活躍はまさにティーチングプロが担当する領域です。

敷居が低くなってきているということは、始めたいと考えている人が多くなってきていることになります。

幅広い知識を使い、宣伝活動をして多くの人にこのスポーツの魅力を伝えていくのが使命です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ