アドヴァンスダイソー所属の古河崎裕子は、デビューをしてすぐ賞金獲得をした

古河崎裕子は日本の女子プロゴルファー選手です。
アドヴァンスダイソーに所属をしていて、兵庫県出身です。
1965年生まれで、身長は166センチメートル、血液型はB型です。
須磨女子高等学校を卒業していて、日本女子プロゴルフ協会に入ったのは1991年のことです。

スポーツはゴルフの他には水泳を経験しており、趣味はドライブで、愛車としてセルシオを所有しています。
ホールインワンは2度経験しています。

アプローチウェッジやパターなどのよせや、グリーン周りを得意としています。
生涯成績としては、デビューをした年のツアーでは126,000円を獲得して、そのときの賞金ランキングは174位でした。

2003年までLPGAのツアーに参観していましたが、1992年以外では賞金を獲得することは出来ませんでした。

トーナメントごとの主な戦績としては、その賞金を獲得した年の、日本女子プロゴルフ選手権大会での62位タイが最高位として、オールタイムレコードに記録されています。

現在はレジェンズに出場していて、レジェンズチャンピオンシップで31位の成績をおさめ、121,500円の賞金を獲得しています。

レジェンズツアーとは、45歳以上の選手を対象に開催されるトーナメントのことで、ここで勝利しても公式な優勝や結果とは見なされないために、賞金ランキングにも加算はされません。

レッスンに関する資格などは保有しておらず、LPGA公式ホームページでもレッスンの記載はないので、今のところ選手活動に専念していて、指導を行ってはいません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ