往年の女子ゴルフ界を支えてきたがデータが残っていない、河野早苗

河野早苗は女子プロゴルファー選手ですが、珍しく日本女子プロゴルフ協会には入会しておらず、日本ゴルフ協会にその名が記されています。
1947年生まれで所属はフリーなのですが、この生年が日本女子プロゴルフ協会に入会していない理由となっていることでしょう。
まだLPGAが設立される前の選手ということですから、かなり往年の選手ということがいえます。

そのため、記録としては日本女子オープンゴルフ選手権競技に出場していた歴史が、日本ゴルフ協会の公式ホームページにあるくらいです。

もちろんLPGAの試合にも出場をしていますが、公式ホームページには入会者としての記載がなく、個々のトーナメントでは名前が残っていますが、オールタイムレコードのようなものはありません。

日本女子オープンゴルフ選手権競技での成績は、1983年の20位タイが最もよく、その後年をおうごとに若手の台頭によって押されていき、順位を落としています。

ただしそれでも50位前後をキープしていることから、それなりの実力者であったということが分かります。
もちろん、予選落ちをしてしまう年もあったので、安定した成績を出しているということはないのですが、中堅としてはまずまずの戦績を残しています。

また日本女子プロゴルフ協会にも成績として記されているデータはありますが、プロフィールページは存在していません。

往年の女子ゴルフを支えた選手の一人ですが、記録自体はあまりありません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ