岡田直美は比較的初期に活躍した女子ゴルファー

岡田直美は日本の女子プロゴルファーで、1948年生まれです。
プロになって日本女子プロゴルフ協会に入会したのは1974年のことで、これは15期生にあたり、比較的女子ゴルフ界の黎明期に活躍をしていたゴルファーだということが言えます。
他には、スキーとバスケットボールをたしなんでいるというアクティブな面もありますが、パズルが趣味だという知的な面も見せる戦略的なゴルフが魅力です。

ゴルフ自体はこの当時としては珍しく12歳から始めていて、かなり英才的な教育を受けていたところがあります。
森田吉平とは師弟関係にあたり、ゴルフ界でもコネクションを持っています。

生涯戦績としては、黎明期にしては60位台をとることが多く、それほどぱっとした結果は残せなかったのですが、コンスタントに賞金を取っていくことからそれなりの実力を備えていました。

ただし上位に顔を出すということはあまりなく、トーナメントごとの戦績でもトップテンに入った試合というのは、美津濃ゴルフトーナメントの6位だけです。

ティーチングプロフェッショナル資格A級を保有しているので、指導をしていただければ確かなものがあるのですが、所属はしていないので、特定の場所で教えてもらうということは出来ません。

事実LPGAの公式ホームページにもレッスンの記載はありませんが、個人では可能です。

ただし、その場合は本人に直接コンタクトをする必要があるので、一般の人にとってはハードルが高くなっています。
現在はトーナメントにはあまり出場はしていません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ