英才教育を受けており、プロ入り後もトレーニングを欠かさない矢野東選手

矢野東選手は、群馬県出身のプロゴルファーで英才教育で育った事で有名です。
10歳の時よりゴルフを始めており、富岡高校に進学しますが、高校時代は目立った成績は残していません。
高校卒業後は日本大学に進学しますが、その大学時代に1998年に朝日杯全日本学生選手権で優勝、1999年には文部大臣杯全日本学生王座決定戦で優勝するなど大きく実力を上げて、大学卒業後の2000年にプロテストに合格します。

同年のダイドードリンコ静岡オープンでツアーデビューを果たしました。
2002年には初めて賞金ランキングによるシード権を獲得し、2003年、2004年も優勝こそないものの上位争いをしており、注目されていた選手です。

2005年のアサヒ緑健よみうりメモリアルでレギュラーツアー初優勝を飾りました。
2006年、2007年も安定して賞金を稼ぎ、2008年には10試合連続トップ10入りを達成します。

10試合の中にある、ANAオープンゴルフトーナメントとブリヂストンオープンゴルフトーナメントでは勝利しており、賞金ランキングで2位を記録しました。

2008年だけで獲得賞金が1億円を越えています。
2009年には全米オープンに出場し、2011年のとおとうみ浜松オープンでは単独首位でしたが、逆転負けして惜しくも優勝を逃しました。

常にスイングの強化と肉体改造を行っており、専属のコーチに指導を受ける等、成長に対して貪欲な選手です。

2008年以降は勝ち切ることが出来ずに苦戦していますが、安定して賞金を稼いでいます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ