ゴールド栃木プレジデントカントリークラブとなったプレジデントカントリー倶楽部

栃木県栃木市で1995年より営業を行っているゴルフ場が、プレジデントカントリー倶楽部です。
2006年に株式会社サクセス・プロが買収しており、後にゴールド栃木プレジデントカントリークラブと名前が変わっていますが、名前が変更された時期については不明となっています。
パブリック制で営業を行っているので会員権はなく、ビジターの方でも訪れやすく、予約を取ることは容易でしょう。

ラウンドスタイルはキャディ付きとセルフプレーの選択制であり、平日かつセルフプレーでも1万円前後と、利用料金はやや高めに設定されています。
平日ならば2人で回るツーサムも可能ですが、割増料金がかかり、土日祝はツーサムには対応していません。

ゴールド栃木プレジデントカントリークラブは9ホール構成の3コースを所有しており、ジャック・ニクラス氏が設計を担当しました。

最も長い東インコースは、グリーンから最も遠いチャンピオンティーからの距離が3491ヤードと長く、最も長い組み合わせの場合の距離は6934ヤードです。

西コースはフェアウェイが広く、プレッシャーを受けることは少ないものの、残る2コースはOBを記録することも多くなっています。

ティーグラウンドの近くから池やバンカーが登場するので、ティーショットでいきなり障害物に打ち込んでしまうことも珍しくありません。

バンカーの数はグリーン周りを始めとして非常に多く、避けることは困難なので、バンカーショットの技術が求められるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ