加藤俊輔氏が設計を担当しており、インコースが長いミルフィーユゴルフクラブ

千葉県長生郡長柄町で1996年より営業を行っているゴルフ場が、ミルフィーユゴルフクラブです。
株式会社熊谷組を経営母体としており、メンバーシップ制のゴルフ場でしたが、後にビジターの利用割合が多いセミパブリック制に移行しています。
房総半島の北部に位置しており、千葉市から比較的近いので、都心や成田空港からは容易にアクセスが可能です。

館山自動車道の蘇我インターチェンジからおよそ12km、市原インターチェンジからおよそ16kmの距離にあり、自動車を使えるなら移動で困ることは殆どありません。

敷地内のコテージか、千葉県長生郡長柄町にあるホテルトリニティ書斎に泊まってゴルフを行う宿泊プランも用意されています。

ミルフィーユゴルフクラブの18ホールは加藤俊輔氏が設計を担当しており、グリーンから最も遠いブルーティーからの距離は6754ヤードと距離も十分です。

アウトコースはやや短いものの、逆にインコースは3553ヤードと長く、両者の距離の差は350ヤード以上です。
フェアウェイの幅にも違いがあり、アウトコースのフェアウェイは狭いものの、インコースはフェアウェイの幅も十分にあります。

各ホールは木々により仕切られていますが、大きく角度を変えることはないので見通しは良好です。
障害物の数は少ないものの、池とバンカーのいずれも大きく、打ち込む可能性は高めとなっています。

バンカーは一度捕まってしまうと脱出に苦労するので、障害物を避けることがスコアメイクの上で重要でしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ