阿騎野ゴルフ倶楽部はグリーンに傾斜があり、パッティングの難度が高い

阿騎野ゴルフ倶楽部は奈良県宇陀市で1996年より営業を行っているゴルフ場です。
プロアマ混合で行われる南都オープンゴルフトーナメントの舞台として複数回使われたことがあり、コースの難度は高めとなっています。
古来より貴族の遊び場として有名な地域に位置しており、その為かクラブハウスを始めとして和風を意識して作られているのが特徴です。

キャディ付きで回る場合は平日であっても利用料金が1万円を超えますが、セルフプレーならばシーズンや曜日によっては1万円以内で収まることもあります。

奈良県の中央にあるので、奈良県内からアクセスしやすいのは勿論のこと、大阪南部や三重方面からもアクセスしやすいゴルフ場です。
自動車を使用する方が訪れやすいものの、近鉄大阪線の榛原駅からは送迎バスが出ているので自動車なしでもアクセスは容易となっています。

阿騎野ゴルフ倶楽部の18ホールは木本三次氏が監修を担当しており、バックティーからの距離は7007ヤードと長めです。

フェアウェイはフラットに仕上がっているものの、曲がりくねっていることが多く、ラフの範囲も広いのでコントロールが重要でしょう。

総距離が長いので好スコアを狙う場合は飛距離も求められ、どの程度の力でショットを行うか、プレーヤーの判断力も重要です。

このコースの名物と言える存在がグリーンであり、アンジュレーションと呼ばれる傾斜が色濃く残ったグリーンの難度は高く、打数がかさむことも珍しくありません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ