岡山西ゴルフ倶楽部は岡山県の西部に位置しておりアクセスしやすい

岡山西ゴルフ倶楽部は、岡山県井原市で1996年より営業を行っているゴルフ場です。
メンバーシップ制を採用して営業を行っていますが、全日ビジターのみで予約を取ることが出来るので、会員権と関係なくても気兼ねなく訪れることが可能です。
瀬戸内海近く、岡山県の西側に位置しているので倉敷市、福山市近辺から容易にアクセスすることが出来ます。

さらに、山陽自動車道の笠岡インターチェンジやJR山陽本線の笠岡駅から近く、瀬戸大橋の近くにあるので香川方面からもアクセスが容易です。
ラウンドスタイルは基本的にキャディ付きですが、キャディの人数が限られているので、状況によってはセルフプレーを行うこともあります。

岡山西ゴルフ倶楽部の18ホールは、バックティーからの距離が6467ヤードでありさほど長くはありません。
丘陵地帯に位置していますが、高低差は少ないので、打ち上げや打ち下ろしが原因で距離感が狂うことは少なめです。

ホールの途中で角度を変えるドッグレッグはあるものの、見通しに影響することは少なく、グリーンを視認出来るホールが多めとなっています。

一方でフェアウェイはあまり広くはないため、ティーショットでフェアウェイから大きく外れると、そのまま打数が嵩んでいくことも珍しくありません。

ここは池を大胆に配置するアメリカンスタイルを採用しており、ティーグラウンドの近くには池が多めです。
また、池越えスタートに加えて谷越えスタートもあるので、ティーショットでプレッシャーがかかりやすくなっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ