榛名山の斜面に作られている霞山カントリー倶楽部

1993年、群馬県北群馬郡榛東村に開場したゴルフ場が霞山カントリー倶楽部です。
メンバーシップ制で営業を行っていますが、ビジターのみで問題なく予約が取れるので、訪れやすくなっています。
榛名山の斜面に作られており、関東平野を一望することが出来る、眺望の面でも優れたゴルフ場です。

通常のプランの他に、宿泊パック、日帰りバスパック、18ホールを通して回るラウンドスループレーといった様々なプランが用意されているので、プレーヤーは多くの選択肢のなかから利用方法を選ぶことが出来ます。

JR上越新幹線の高崎駅が最寄り駅なので、新幹線を利用すれば他府県から訪れることも容易です。
霞山カントリー倶楽部の18ホールはグレッグ・ノーマン氏が設計を担当しており、バックティーからの距離は6781ヤードと距離も十分にあります。

山に作られていますが、高低差はインターバルで上手く処理されており、各ホールはフラットな仕上がりです。
フェアウェイの幅は広く、木々により各ホールは仕切られているので他の組に影響を与えることは少なく、伸び伸びと打っていくことが出来ます。

グリーンまでの見通しも良好ですが、ラフの割合が多いので、フェアウェイのキープが出来なくなると大きく崩れることも珍しくありません。
グリーンの周囲を除けばバンカーはあまり配置されておらず、砂に打ち込んでしまうことは少なめです。

小川と小さな池が配置されているので、水に落とさないように注意する必要があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ