鎌倉カントリークラブの18ホールは距離が短く、テクニックが求められる

1968年、神奈川県鎌倉市に開場したゴルフ場が鎌倉カントリークラブです。
鎌倉市からアクセスしやすいのは勿論のこと、藤沢市、横須賀市、横浜市からも容易にアクセスすることが出来ます。
都会の近くに位置しているゴルフ場ですが、天気が良い場合は横浜ランドマークタワーを望めるので、景観も悪くはありません。

神奈川県内でも長い歴史を持つゴルフ場なので、ビジターの方の場合、平日はメンバーの同伴か紹介が、土日祝はメンバーの同伴が必要です。

公式ホームページからはオンライン予約を受け付けていないものの、ゴルフ場予約サイトを通した予約は可能となっています。
キャディ付きかセルフプレーかを選択することが出来ますが、ツーサムについては対応していません。

鎌倉カントリークラブの18ホールはバックティーからの距離が6129ヤードと短いものの、アップダウンが残されています。

斜面にコースが作られているので、打ち下ろしと打ち上げの形になることが多く、距離感が狂いやすい打ち上げをどう切り抜けるかがポイントです。

フェアウェイもあまり広くはないので、ティーショットからコントロール技術が求められます。
しかしコースは真っ直ぐレイアウトされた、オーソドックスな作りであり、飛距離が出ないゴルファーの方でも技術でカバーすることが可能です。

主な障害物はグリーンの周りに配置されているバンカーであり、池は殆どありませんが、12版ショートホールは大きな池が配置されています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ