吉野カントリークラブは桜の咲く季節の景観が特に良い

吉野カントリークラブは奈良県吉野郡大淀町で1976年より営業を行っているゴルフ場です。
奈良県の中部に位置しており、奈良県内からアクセスしやすいのは勿論のこと、和歌山や大阪南部からのアクセスも容易となっています。
吉野山、葛城山、吉野川を一望することが出来る眺望の面で優れたゴルフ場ですが、桜が咲く春は特に見所が多めです。

雄大な山々に囲まれているのが特徴であり、大自然の中で爽快にプレーすることが出来ます。
セルフプレーの場合は利用料金がそれほど高くはなく、コストパフォーマンスも悪くはありません。

年間を通してゴルフに適した気候であり、夏場は涼しく、冬場は暖かいので気候が原因でクローズになることは少なめです。

吉野カントリークラブの18ホールは福井八十八氏が設計を担当しており、バックティーからの距離は6522ヤードとやや短めとなっています。

傾斜した丘陵地帯に作られていますが、高低差は少なく、打ち上げや打ち下ろしの形はあまりありません。
フェアウェイは広く、概ね真っ直ぐ作られているので、ティーショットでプレッシャーがかかりづらい作りです。

各ホールは木々で仕切られているものの、見通しが悪くなることは殆どないので思い切って打つことが出来ます。
しかしフェアウェイには傾斜が残っているので二打目以降にボールが曲がってしまうことも珍しくありません。

グリーンにもアンジュレーションと呼ばれる傾斜があり、パッティングの難度は高めです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ