若海コースと捻木コースを持つ玉造ゴルフ倶楽部

玉造ゴルフ倶楽部は茨城県行方市で営業を行っているゴルフ場であり、1983年に開場した若海コースと1987年に開場した捻木コースの二つの18ホールを所有しています。
2コースは共に大洋緑化グループが経営を行っていましたが、後にPGMグループの傘下に入りました。
玉造ゴルフ倶楽部 若海コースは開場時は異なる名前でしたが、捻木コースの開場に合わせて名前を変えています。

ここは、乗用カートを使用したセルフプレー限定で営業を行っているのが特徴であり、18ホールはバックティーからの距離が6486ヤードと長くはありません。

その為、あまり飛距離が出ない方でも好スコアを狙うことが可能であり、飛距離よりもコントロール技術が問われる構成です。

さらにフェアウェイはあまり広くはなく、途中で角度を変えるドッグレッグも多いので、ティーショットの出来がスコアに大きく影響します。

捻木コースはセルフプレーかキャディ付きか選ぶことが可能であり、スタイルに応じて使い分けることが可能です。
18ホールはバックティーからの距離は6761ヤードと距離は十分であり、アメリカンスタイルを意識しているのが特徴となっています。

その為、半数以上のホールで大きな池が多数配置されており、池をどのように避けるかがポイントです。
池越えスタートこそそれほど多くはありませんが、ドッグレッグを採用したホールが多く、バンカーも多いので飛距離とテクニックの両方が必要です。

しかし高低差は少なく、距離感が狂うことは殆どありません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ